キャッシングのコンビニ返済が便利です

カードが発行されるタイプのキャッシングはコンビニ借入・返済ができるので、早朝・夜間などの緊急時に借入したい方、周囲にバレずに返済したい方などに適しています。カード1枚で借入できるローンなら、お金がないときの強い味方になってくれるでしょう。

日中に金融機関に出向く時間のない方にも最適で、仕事帰りに気軽に利用できます。

現在のキャッシングはコンビニATMで利用可能

昔のキャッシングと言えば店頭窓口や無人店舗などで借入・返済するスタイルが主流でしたが、現在はほとんどがコンビニATMに対応しています。提携ATMが設置されているコンビニなら、ATMのメンテナンス時間を除いていつでも利用できます。

店頭窓口や無人店舗で返済する場合は、入店する姿を誰かに見られてしまう可能性があるのです。消費者金融や街金融は人通りの多い場所に設置されていることが多く、友人や会社の同僚に見られてしまったという話はよく聞きます。

コンビニ返済のメリットは誰もが利用するコンビニで返済できるので、キャッシングの利用が周りにバレないことです。ATMを操作していれば借金がバレると思うかもしれませんが、消費者金融以外だけでなく一般の金融機関とも提携しています。

どの金融機関と取引しているのか外からはわかりませんから、キャッシングだと特定される心配はないです。

金融機関の閉店時間であっても、コンビニATMを活用すればいつても借入・返済できるのです。

コンビニ対応していない会社とは

大手消費者金融や銀行のキャッシングの多くはコンビニ対応していますが、中小消費者金融は対応していないことが多いです。例えば街金融や学生ローンなどは店舗または銀行振込による返済が一般的で、カード自体が発行されないことが多いです。

コンビニ返済するためにはカードが発行されるカードローンである必要があります。大手の消費者金融と契約していても、カードなしの振込キャッシングで契約している方はコンビニでは利用できません。またフリーローンも原則としてカードは発行されないので、借入するときは店頭窓口や銀行振込による方法を選ぶのが一般的です。

カードローンと呼ばれる商品は100%カードが発行されますが、キャッシングの中には一部カードが発行されないローンがあることを覚えておきましょう。コンビニで利用したい方は、カードが発行されるタイプのローンかどうか金融機関の公式サイト、または電話連絡で確認しておくのがよいです。

消費者金融の一部には最初は振込キャッシングで素早く融資し、次回からカードによる融資方法とする会社もあります。

コンビニ返済にデメリットはある?

窓口返済だと金融機関の閉店後は入金することができませんが、コンビニATMに対応していれば返済期日の24時までに入金すればOKです。仕事帰りにコンビニに立ち寄って、そのとき返済するのもありです。借入・返済がいつでも行えるのがカードローンのメリットで、慣れてしまうとフリーローンが不便に感じてしまうでしょう。

ただし利便性の高さゆえに借りすぎに陥りやすいデメリットもあるため、フリーローンよりも計画性を持って利用する必要があります。返済直後に借入する習慣のある方は、元金が減りにくいので注意してください。借金を増やさないためには限度枠を少なく抑えるのがコツで、主婦や学生は10万円以内で利用していることが多いです。

健全に返済しながら契約期間を重ねることで限度枠の増額交渉が可能になりますが、限度枠が増えるほど借金を増やしてしまうリスクがあります。限度枠いっぱいまで使い切ってしまう癖のある方は、最初から最後まで10万円の限度枠をおすすめします。

返済で注意したいポイントは延滞で、たった1日の延滞でも金融機関から連絡がくることが多いです。延滞を繰り返していると、いつもどおりにコンビニATMで融資を受けようとしても、借入できない状況になることがあります。

信用力を落とさないためにも早め早めの返済を心がけ、返済期日の5日前までに返済するなど、自分なりの決まりを作っておくのがおすすめです。

追加返済をして早めに完済しよう

コンビニATMならいつでも追加返済ができるので、約定返済額に加えて随時返済をしていきましょう。キャッシングは返済した分だけ借金が減るわけではなく、まずは利息から先に相殺されます。それから元金が減る仕組みになっているので、毎月の返済額が少ないと借金が減りにくいのです。

特にリボ返済を設定していると元金が減りにくいので、積極的に追加返済をしていきましょう。口座にお金を残しておくくらいなら、返済に回したほうが利息を減らせる分だけお得です。ただしキャッシングは定期的に限度枠の見直しが行われることがあり、限度枠を減額された場合は必要な借入ができなくなる可能性があります。

そのため緊急時に備えてある程度の金額は口座に残しておくのが得策でしょう。追加返済は完全なる任意であり、ボーナス返済のような義務はありません。効果的に借金を減らすためには、完済するまで追加で借りない心構えが必要です。

そもそも返済期間が長期化してしまう理由は借入総額が大きくなるためです。少し借りてすぐ返す借り方を意識していれば、利息を最小限にできるでしょう。キャッシングは返済当日に利息が付くわけではなく、1日ごとに加算される仕組みになっています。

すでに高額の借入をしている場合は、低金利のキャッシングで借り換えすることも検討してください。

借りすぎを防ぐための工夫とは

コンビニで利用できるキャッシングは非常に便利ですが、カードを常時所有していると借りすぎのリスクがあります。衝動的に買い物をしたくなったとき、現金がなくてもカードがあれば購入できるわけです。実際にカードを所有している方は消費が増加する傾向があり、中には2~3割も消費が増えるというケースもあります。

お小遣いの範囲で消費する分には問題ありませんが、借金には利息が発生します。つまり利息が付く分だけ高い買い物をしており、長期的に見ると相当額の損をするのです。そこで借りすぎを防ぐためのコツとして、財布にカードを入れない対策をおすすめします。

机の奥にしまっておくなどして、安易に使えないようにするのです。または金融機関側と交渉して、カードを返納してフリーローンとして利用する方法もあります。フリーローンはカードがないので、コンビニ返済には対応していません。

実際にフリーローンに乗り換えすることで、浪費が減ったという話は少なくありません。

キャッシングは年齢詐称ができない仕組みです